病室や研究室、待合スペースなどを清潔で明るいスペースに
Bona Dea国際病院(アゼルバイジャン・バクー) 病室と洗面にはコーリアン®(グレイシアホワイトとグリーングレープ)で作られた家具が備え付けられた。 photo courtesy of Palitra, all rights reserved

アゼルバイジャンの首都バクーに同国内最大級の私立病院、ボナディア国際病院がオープン。
医療施設で必要とされる高い衛生基準を満たすコーリアン®が、屋内外の様々な箇所で使われた。

コーリアン®で製作した装飾的なファサード、コーリアン®を使った革新的なソリューションが特徴のBona Dea国際病院(アゼルバイジャン・バクー)
柱巻きはコーリアン®(グレイシアホワイトとグリーングレープ)で作られた。 
photo courtesy of Palitra, all rights reserved.

大きな面を継ぎ目なくつくれる性質をいかし、屋外ではグレイシアホワイトをファサードの装飾や柱巻きに。

院内では、病室の家具やベッドヘッド、洗面のカウンタートップ、窓、研究室のカウンターや机、サイネージ、受付カウンターなどに採用された。

Bona Dea国際病院(アゼルバイジャン・バクー)
家具はコーリアン®(グレイシアホワイトとグリーングレープ)で作られた。 
photo courtesy of Palitra, all rights reserved.

 

コーリアン®は汚れがしみこみにくく、細菌やカビにも強いため、感染を防ぐ院内環境づくりに貢献。また、薬剤への耐性があり、メンテナンスしやすい、補修が可能といった機能性もあるため、医療施設にふさわしい素材だ。

実用性に加えて、デザイン性も導入の決め手となった。
グリーンをアクセントにしたカラーコーディネートには、グリーングレープやドーブなどのカラフルなコーリアン®がマッチ。明るく爽やかな印象に仕上がっている。

Bona Dea国際病院(アゼルバイジャン・バクー)
病室と洗面にはコーリアン®(グレイシアホワイトとグリーングレープ)で作られた家具が備え付けられた。 
photo courtesy of Palitra, all rights reserved.

 

よく似た利用シーン