聖櫃を包み込む 真っ白なオブジェ
イスラエルのRamat Yishai市に新しく建てられた礼拝堂。Ze’ev Moskovitzがデザインした聖櫃の支えはコーリアン®のグレイシアホワイトでつくられた5メートルの構造物。 設計:Itay Zehavi Architects,写真:Elad Gonen, all rights reserved.

イスラエルのRamat Yishai市に新しく建てられた礼拝堂。

イスラエルのRamat Yishai市に新しく建てられた礼拝堂の外観
設計:Itay Zehavi Architects, 写真:Eran Levita, all rights reserved.

聖櫃を囲む支え部分にグレイシアホワイトが採用された。高さ5メートルに及ぶ聖櫃は礼拝堂のなかでもひときわ目を引く存在。
デザインは祈りをささげるの手の平のかたちや、天使の羽から着想したという。

イスラエルのRamat Yishai市に新しく建てられた礼拝堂。Ze’ev Moskovitzがデザインした聖櫃の支えはコーリアン®のグレイシアホワイトでつくられた5メートルの構造物。
設計:Itay Zehavi Architects,写真:Elad Gonen, all rights reserved.

背後から直射日光が入る位置。神聖な場にふさわしい純白を保つため、耐候性の高さも決め手となった。

イスラエルのRamat Yishai市に新しく建てられた礼拝堂。Ze’ev Moskovitzがデザインした聖櫃の支えはコーリアン®のグレイシアホワイトでつくられた5メートルの構造物。
設計:Itay Zehavi Architects,写真:Elad Gonen, all rights reserved.

 

設計:Itay Zehavi Architects(デザイナー:Ze’ev Moskovitz)
写真:Elad Gonen

よく似た利用シーン